������������������������������������

新着情報

10月02 日【骨盤と背骨が歪まない生活方法②】正しい物の持ち上げ方・バックの持ち方・睡眠・入浴編
09月25 日【骨盤と背骨が歪まない生活方法①】正しい姿勢の立ち方・歩き方・座り方編
09月18 日呼吸体操で歪み改善|朝と夜にやる骨盤と背骨の呼吸体操で歪み解消
09月11 日体の歪み(骨盤や背骨のバランス)と性格の気になる関係とは?
09月04 日今、東洋医学が注目!「医食同源」の世界…漢方薬について
08月28 日【心因性腰痛とは?】ストレスや気持ちから起こる心因性腰痛の原因と改善方法
08月21 日「タイプ別に解説」あなたの重心はどっち?バランスを意識して痛みを改善
08月17 日冷湿布の効果は?温湿布との違いは?
08月07 日【腰痛の種類と対処方法①】ぎっくり腰・腰痛症・腰椎不安定症の改善編
07月31 日【腰痛の検査方法】(医師監修) レントゲン、CTやMRI などの画像診断
07月24 日【腰の構造と腰痛⑦】冷湿布の効果は?温湿布との違いは?マッサージや整体は効くの?
07月17 日【腰の構造と産後の腰痛⑥】ぎっくり腰の対処法
07月09 日【腰の構造と腰痛⑤】腰骨の前弯は腰痛の原因
07月09 日【腰の構造と腰痛④】前かがみは腰痛を引き起こす!その原因と改善方法とは?
07月09 日【痛みの伝達③】「痛いの痛いの飛んでいけ~」は本当?
07月09 日【痛みの伝達②】痛みとかゆみの微妙な関係とは?かゆみを越すと痛くなる?
07月03 日【痛みの伝達①】痛みを感じる仕組みとは?その伝達を解説します
06月26 日【産後の腰痛②】腰痛にかかわる椎間板、腰神経や座骨神経とは?
06月19 日【産後の腰痛①】原因と改善方法とは?
06月12 日【産後の悩み⑤】恥骨の痛みと尿漏れ(頻尿)の原因と改善
06月05 日【産後のお悩み④】妊娠中、授乳期の風邪薬・コーヒーやアルコールの摂取
05月29 日【産後の悩み③】断乳(乳離れ)はいつ頃から?離乳食のタイミングは?
05月22 日【産後のお悩み母乳編②】胸(乳房)のしこりや腫れが気になる
05月15 日【産後のお悩み母乳編①】母乳が出ない・出すぎる原因は体質・食べ物・のせい?
05月08 日やせないのはその骨盤や姿勢の悪さが原因!その改善方法とは?
04月24 日【自宅で出来るダイエット⑬】赤ちゃんと一緒に産後ダイエット
04月17 日【産後に自宅で出来るダイエット⑫】背中の脂肪燃焼ダイエット
04月10 日【産後のダイエット⑪】顔のむくみとたるみを解消!リンパマッサージ
04月09 日【産後に自宅で出来るダイエット⑩】腕のたるみを引き締めるダイエット
03月29 日【産後に自宅で出来るダイエット⑨】バストアップさせ形をよくするマッサージを紹介

【骨盤と背骨が歪まない生活方法②】正しい物の持ち上げ方・バックの持ち方・睡眠・入浴編

正しい物の持ち上げ方・バックの持ち方・睡眠・入浴編

今回は骨盤や背骨が歪んでしまう行動の、物の持ち上げ方やバックの持ち方、正しい睡眠方法・ 入力方法を紹介していきます。

目次

  1. 骨盤や背骨が歪まない物の持ち上げ方
    1. 膝と腰の使い方で体の負担が変わります
  2. 骨盤や背骨が歪まないバッグの持ち方
    1. 歪んでしまうバッグの持ち方は歪まない持ち方に意識して替えましょう
  3. 骨盤や背骨が歪まない睡眠|正しい寝方
    1. 体に負担をかけない寝姿を目指しましょう
  4. 体が歪まないための入浴生活方法
    1. 体を温めて冷えを改善し、歪みのない体に

骨盤や背骨が歪まない物の持ち上げ方

骨盤や背骨が歪んでしまう行動

重いものを持ち上げる時、力のかたよりやゆがんだ体勢などから腰を痛めることがあります。
腰や背中に負担をかけないため、骨盤と背骨を歪ませないために正しい方法をマスターしましょう。

膝と腰の使い方で体の負担が変わります

重いものを持ち上げる時

腰を痛めてしまう原因はたくさんありますが、中でも多いのは「重いものを持ち上げた時、グキッ」とやってしまったという例ではないでしょうか?

年齢にかかわらず起きる腰のトラブルは、持ち上げ方を変えるだけで、防ぐことができます。ポイントは腰を低く構えることと、ヒザのクッションを利用することです。
腕の力ではなく、腰を使って持ち上げるように意識して物を持ち上げましょう。

POINT1:ポイントは膝の使い分けです。

膝と腰の使い方で体の負担が変わります

膝を充分に曲げ、持ち上げるものにできるだけ体を近づけます腰は後ろに突き出さず、ヒザを曲げると同時に真下に落とす感覚で、直角に近い角度まで曲げます。

POINT2:腰に意識を集中させて物を真上に持ち上げましょう。

腰に意識を集中させて物を真上に持ち上げましょう

物を真上に持ち上げる意識で、曲げた腰の角度をキープしたまま立ち上がります。
腕の力で物を引っ張り上げるのではなく、曲げていた膝を伸ばすことで物を持ち上げるように意識しましょう。

NGポイント:膝を使った正しい持ち上げ方をすると、持ち上げる前後で腰の角度はほとんど変わりません。

膝を使った正しい持ち上げ方をすると、持ち上げる前後で腰の角度はほとんど変わりません

ヒザのクッションを利用して持ち上げるため、物の重さが分散されます。
ところが、膝をまっすぐ伸ばしたまま持ち上げようとすると、腰の角度が持ち上げる前後で大きく変わることになり、物の重さがそのまま腰の負担になってしまいます。

腰に負担をかけないためにも、ヒザを利用することは欠かせないでしょう。
この方法を意識して物を持ち上げた時に腰痛やぎっくり腰にならないように役立ててください。

骨盤や背骨が歪まないバッグの持ち方

当たり前のように毎日使っているバッグが、持ち方次第で骨盤と背骨の歪みの原因になることをしていましたか?
骨盤が歪まない、背骨が歪まないバッグの持ち方を解説していきます。

骨盤や背骨が歪まないバッグの持ち方

歪んでしまうバッグの持ち方は歪まない持ち方に意識して替えましょう

バックはいつも同じ側に持ち、反対側で持つとなんだかしっくりこない…。
これが当てはまるなら、骨盤や背骨がゆがんでいる証拠です。

パックは度々持ち替え、左右対称に使うようにして、手さげバッグ、ショルダーバッグ、リュックサックなどを使い分ける事が、骨盤が歪まない、背骨が歪まないポイントです。
重いバッグを持つ機会が多い人ほど、持ち方に気をつけましょう。

POINT1:ポイントは背筋を伸ばして左右の手で交互に持ちまましょう。

背筋を伸ばして左右の手で交互に持ちまましょう

バッグを持つ時は、片方の手だけで持たず、左右の手で交互に保つようにします。

ショルダーバッグの場合も同じ側の方ばかりにかけず、反対側の方でも持つようにしましょう。 片側だけで持っていると、バッグを持たない側の方が上がり、背骨が歪む原因になります。

POINT2:手さげバッグ、ショルダーバッグを使い分ける。

手さげバッグ、ショルダーバッグを使い分ける

手さげバッグばかりだったり、ショルダーバッグばかりを使っていると、骨盤の歪みと背骨の歪みがひどくなる可能性があります。

バッグを使い分ける時はデザインだけでなく、手さげバッグとショルダーバッグ、リュックサックなどタイプも替えるようにしましょう。

POINT3:バックを2つ以上持つ時は、持ち方のバランスを考えて持ちましょう。

バックを2つ以上持つ時は、持ち方のバランスを考えて持ちましょう

複数の荷物がある時、片方の手でまとめて持っていたり、片方だけが重いなと、重さのバランスが左右で異なると体が傾き、骨盤の歪みや背骨の歪みの原因になります。左右でなるべく同じ重さになるように、重さのバランスを調整して持つようにしましょう。

POINT4:日々、重い荷物を持ち歩いてる人はたくさんいます。

日々、重い荷物を持ち歩いてる人はたくさんいます

いつも同じ手や肩で重いバッグを持っていると、荷物とのバランスをとるために、反対側の手や肩が下がり、それにつれて背骨が横に歪んでしまうことがあります。

また、重いリュックの場合は体を前倒ししたり猫背になる可能性もありますので注意しましょう。そのため、肩こりや腰痛の原因になるので、背骨のためにバックの持ち方に気をつけましょう。

骨盤や背骨が歪まない睡眠|正しい寝方

ぐっすり眠って、すっきり目覚めていますか?質の良い睡眠は快適な生活とゆがみのない体の根本です。
枕や布団の選び方で、より上質な睡眠を目覚まししましょう。

骨盤や背骨が歪まない睡眠|正しい寝方

体に負担をかけない寝姿を目指しましょう

熟睡できず夜中に目が覚めるとたっぷり眠ったはずなのに体がだるい…などの症状があったら、寝具をチェックしましょう。

体に合わない寝具は、骨盤を歪ませたり、背骨を歪ませたりして、様々な不調を招いてしまいます。 疲れが取れない、朝から首や肩がつらい、朝起きた時が1番辛い腰痛などはその可能性があります。

POINT1:理想の寝姿勢を追求しましょう。

理想の寝姿勢を追求しましょう

仰向けで脱力し、背骨のS字のカーブが維持できるのが、理想の寝姿勢です。硬すぎたり柔らかすぎる布団は腰が反ってしまい、すき間が開いて腰痛になりやすくなります。
また、肩やお尻が沈み込むなど姿勢を崩してしまい体が疲れる原因になります。

1:仰向けが基本です
2:背中が浮き上がらない高さのマクラ
3:硬すぎず、柔らかすぎないフトンやマクラを選ぶ
4:両手、両足は自然に伸ばしリラックス
5:首の骨と背骨、腰骨はS字のカーブをKEEP

POINT2:タオルで布団の硬さを調節し、S字カーブをキープしましょう。

タオルで布団の硬さを調節し、S字カーブをキープしましょう

布団が合わない場合は、応急処置として、たたんだタオルを利用しましょう。柔らかすぎる布団の場合は肩やお尻が当たる部分に、折りたたんだタオルを敷くと体の沈み込みが抑えられ安定した寝姿になります。

逆に、固すぎる布団の場合には、腰の下にタオルを敷いて腰が浮かないようにすると、腰への負担が少なくなり、正しい寝姿になります。

POINT3:枕の工夫で首のカーブを守りましょう。

枕の工夫で首のカーブを守りましょう

高すぎる枕は首を前傾させ、歪みを招くだけでなく、不眠の原因にもなります。首の自然なカーブをキープするために、タオルを丸めて首の下に置くと良いでしょう。

枕の中身を調節して、首の下にあたるようにするのも良い方法です。

POINT4:質の良い睡眠のために寝る部屋の環境づくりを整えましょう。

質の良い睡眠のために寝る部屋の環境づくりを整えましょう

寝室の明るさや色も睡眠に欠かせない条件なのを知っていましたか?
間接照明を利用して暗めに調整すると、寝つきが早くなりやすくなります。アロマや音楽など利用するのもおすすめです。

体が歪まないための入浴生活方法

湯船にゆったりと浸かって体を温める…
何気なく行なっている日々の習慣ですが、ここに体を歪ませない秘訣が隠れています。より効果的な入浴で、バランスの良い綺麗な体をキープしましょう。

体が歪まないための入浴生活

体を温めて冷えを改善し、歪みのない体に

1日の疲れを取り、リフレッシュするバスタイムですが、最近はシャワーだけで済ませる人も多いと思います。
血液の循環をスムーズにし、筋肉のこわばりをほぐしてゆがみを防ぐためにも、じっくりと体を温めることが欠かせません。

特に手足の冷えに悩んでる人は、血液循環も代謝も落ち気味なので、入浴の工夫で冷えを追放することが大切です。

POINT1:代謝アップ&ストレス解消

代謝アップ&ストレス解消

入浴の一番の効果は体を温めて血液循環を良くすることです。これにより心と体の緊張をほぐすだけでなくとても汗をかいて代謝をアップすることができます。

体温よりやや高めの龍オンでじっくり長く使ってたっぷり汗をかきましょう。
※ 暑すぎず心地よいと感じるようにしましょう。
ベストなのは体温よりやや高めの38℃くらいがいいと思います。

じわっと汗をかくまでゆっくりつかってください。

POINT2:腰湯で骨盤の開閉をスムーズに

腰湯で骨盤の開閉をスムーズに

おへそが隠れるくらいのゆるようにゆったりと浸かる腰湯…。

腰回りを効率よく温めて疲れを取るだけでなく、骨盤の開閉をスムーズにする効果があります。少なめにお湯をはるか 、湯船にお風呂用の椅子を沈めている様の調節をしましょう。

Tシャツを着るか、バスタオルをかけて上半身が冷えないようにする工夫をしましょう。手はお湯につけないようにするのもポイントです。

POINT3:洗面器足湯で辛い冷えを追放しましょう

洗面器足湯で辛い冷えを追放しましょう

最近、スパなどでも人気の足湯は、冷えやすい足を温めるだけでなく、むくみや頭痛の解消にも効果的です。

自宅で行うなら洗面器やバケツに温めの湯を入れ、足先が「ジンジンして赤くなる」までお湯に浸かりましょう。

湯温が覚めたら途中で差し湯をするのがコツです。洗面器がバケツにくるぶしが浸かるくらいまで熱めのお湯入れ、両足をつけます。

POINT4: 湯冷め防止に1杯の水を用意しましょう

湯冷め防止に1杯の水を用意しましょう

手軽に冷えを予防するなら、この方法が良いでしょう。
よく温まった後の湯上りに、足首に洗面器一杯の水をかけるだけで、血液循環がよくなり、体がポカポカします。水に抵抗があるなら、体温と同じぐらいのぬるま湯でも OK です。

POINT5:バリエーション入力で歪まない体に

バリエーション入力で歪まない体に

足湯や腰湯 の他にも、冷え性対策に効果的な「ひざ下湯」、風邪の初期症状に効くて「手湯」、肩こりや肌荒れに効果が高いので「腕湯」と入浴方法はバリエーションが豊かです。

調子が悪くて入浴できない時に、ぜひお試しを…。

1:「ひざ下湯」バスタブに膝下が浸かるくらいまでお湯を張り、縁に腰掛けて両足を入れます。大きめのバケツなどで代用しても良いでしょうまる熱めのお湯にじわっと汗をかくまで浸かりましょう。

2:「手湯」 お湯を張った洗面器に、両手首までつけるのが手湯です。湯の中で手を開いたり閉じたりし、額に汗がにじむくらいまで続けましょう。

3:「腕湯」お湯を張った洗面器にひじ上10cmくらいまでつかる方法を腕と言います。左右の手を軽く組んでつけ、額に汗がにじんできたら終了です。骨盤の歪み一覧はこちら 》

【骨盤と背骨が歪まない生活方法①】正しい姿勢の立ち方・歩き方・座り方編はこちら

【本気】に骨盤のバランスや猫背を治したい方…
イーバランス整体院の骨盤矯正と猫背矯正にお任せ下さい。
下記をご参照ください。↓↓↓

骨盤矯正・骨格矯正はこちらから

タグ

Tweet00

関連記事

投稿ナビゲーション

【骨盤と背骨が歪まない生活方法①】正しい姿勢の立ち方・歩き方・座り方編【骨盤と背骨が歪まない生活方法③】歪まない食生活と生活習慣とは?

カテゴリー

カテゴリーカテゴリーを選択ストレッチネコママさんのお悩み相談119番ママさん達の豆知識何気ない日常反り腰矯正妊娠&出産子育て情報改善報告整体整体院日々の豆知識更新情報未分類猫背矯正産後の様々なお悩み産後の赤ちゃんについて産後の骨盤矯正&産後ダイエット筋トレ筋肉系肩こり・首の痛み背中・肩甲骨の痛み腰痛良く効くツボ開店閉店情報骨盤矯正骨盤矯正ダイエット 

最近の投稿

過去のブログ

検索
  1.  整体院をお探しなら志木イーバランス整体院へ TOP
  2. イーバランス整体院ブログ
  3. 骨盤矯正
  4. 【骨盤と背骨が歪まない生活方法②】正しい物の持ち上げ方・バックの持ち方・睡眠・入浴編

© 2018 整体院をお探しなら志木イーバランス整体院へ

 

● 基本情報

店舗名イーバランス整体院志木店
名前小林 尚之
住所 埼玉県志木市本町6-27-9 WJ・グリーンハイツ1F
電話番号048-211-5184
URL https://e-balance-seitai.com/
営業時間10:00~20:00 19:00最終受付
月火水土は19:00閉店
定休日年中無休

アクセスランキング

新着記事

カテゴリー

認定優良院

人気店舗

アクセスランキング

ままテンに登録しませんか

広告

産後骨盤矯正専門HP制作

 

ページトップへ戻る